2011年01月26日

MK2R+でのCWキーイング成功

 さて、ちょっと前に買ったmicrohamのMK2R+
RTTYの設定で苦戦し、winkeyerの設定を全く放り投げておりました。
で、昨日ようやく、ctestwinからPCキーイングに成功いたしました。
これも、ツイッター各局のみなさんのおかげです^^;

 その前にトラブル系をちょっとまとめておきます。
・何かの拍子にデバイスルーターのCOMポート設定が飛んでしまいます。
 メニューよりプリセットしてるのを呼び出しても復元しません。
 ファイルから読み込んで再設定しないといけない事がたまにあります。

・リグコントロールのポートを設定して、通信テスト時にRIGを選ぶのですが
 そのリグの設定が消えることがあります。
 周波数やモードは送られてくるので気が付かないのですが、RTTYで送信すると
 MK2R+は、キーイングしているのにMK2R+からリグを制御できなくなります。
 その時はたいてい、この設定が消えています。(RIG NONEとなっている)

・MMVARIで運用中に時々送信から受信に切り替わらないことがあります。
 何だろう・・・タイミングでコマンドを受けそこなってるのかな・・・。

で、CWの設定ですが、
winkeyerII互換の機能があるのですが、ctestwinからマクロボタンを押すと短点連打になって
うまく制御できなかったのです。
結果は私の勘違いなのですが、以下のとおり設定して無事動作しました。
・ctestwinのCWメニューからCWパラメータ設定を選ぶ
・CWポートにwinkeyerを選び、デバイスルータでwinkeyerに割り当てたCOMポートを割り当てる
ctestwinの設定はこれでとりあえず終わり

で、ctestwinのマクロボタンを押すとMK2R+は短点連打・・・
RIGも送信にならない・・・。
という状態だったのですが、単純に私がリグの設定を間違っていました^^;
まず、RIGの内蔵エレキーは切る事。
それと、BK-INにしておくこと。
すると、あら不思議。ちゃんとマクロの内容を打ち出しました。

普段パドルつけてるので、そのままだった^^;
お粗末な話です。

これでお膳立ては整ったので、後は聞く耳さえあれば・・・・
posted by cyun3 at 15:21| 未分類